犬の雪の散歩は対策とケアが必要!寒さに強い・弱い犬種や注意点

ペット記事

犬の雪の散歩は対策とケアが必要!寒さに強い・弱い犬種や注意点

雪が大好きな犬は多く、冬の散歩も楽しみですよね。ただし、寒さに強い犬もいれば弱い犬もいるので注意が必要です。寒さに強い犬でも、服を着せたり靴を履かせたりと防寒対策をして散歩に出かけましょう。また、帰宅後は毛を乾かし肉球のケアも必要です。
今回は、犬と雪の散歩について紹介します。どんな犬が寒さに強いのか、愛犬の寒さ耐性について知り、対策とケアをして冬の散歩を楽しみましょう。

犬は雪が積もっている冬でも散歩していいの?

犬は雪の上でも散歩しても大丈夫です。童謡「幸やこんこ」に「犬は喜び庭駈けまはり」という、犬が雪に喜んでいる様子の歌詞が有名ですよね。秋田のように雪が降る地方で、冬の犬の散歩をした人は実感していると思いますが、たいていの犬は雪ではしゃぎます。
人間も雪を見ると少しテンションが上がりますよね。筆者も犬との暮らしが長いですが、老犬になっても雪の散歩は最初の少しだけでも嬉しそうに走っていました。犬という生き物は、昔から雪が大好きなようです。
ただし、雪で遊ぶのが好きとは言え、犬と雪で遊ぶには注意が必要です。雪や寒さが苦手な犬もいるので、愛犬の寒さへの耐性がどうかで遊び方も変わります。

寒さに強い犬

寒さに強い犬と言うと、ソリを引っ張る大きな犬が思い浮かびますよね。寒い地域が原産国の犬種は寒さに強いです。また、体は小さくても意外と寒さ耐性がある犬種もいます。どんな犬が寒さに強いのか、確認してみましょう。

  • サモエド
  • シベリアンハスキー
  • 秋田犬
  • 柴犬
  • ゴールデンレトリーバー
  • ラブラドールレトリーバー
  • 日本スピッツ
  • コーギー等
寒冷地が原産国の犬種
ヨーロッパ北部やカナダ北部など、寒い地域が原産の犬種は雪の中でも平気で生活している。(ただし、一日中野ざらしの雪原にいるわけではなく、きちんと寝床や防雨風雪を防ぐ場所は必要)
ポメラニアンのように超小型犬でも、先祖が寒冷地原産の犬の場合、毛量も豊富でわりと寒さに強い犬もいる。
比較的体が大きい犬
体が大きいと体積に比べて表面積が少なくなり、外気温が変わっても体温が変化しにくい。
足が長いので、体と雪面が遠いので小さい犬に比べて冷気を避けられる。
ダブルコートの犬種
ふわふわしたアンダーコートと硬くて太いオーバーコートをまとっていて、特に冬になるとアンダーコートが発達して寒さに強くなる。
寒さに弱い犬

犬は基本的に暑さに弱い動物ですが、寒さも苦手とする犬もいます。想像に難くないですが、室内飼いの小型犬は特に寒さに弱いです。どんな犬が寒さが苦手なのか、犬種や特徴を見てみましょう。

  • チワワ
  • ヨークシャーテリア
  • ミニチュアピンシャー
  • トイプードル
  • イタリアングレーハウンド
  • パピヨン…等
幼犬、高齢犬
体がまだしっかりできていない幼い犬や、年をとって弱ってきた犬は自分の体温調節がうまくできない。
十分な対策をして、短時間で終わらせる等の対策が必要だが、無理はさせない。
小型犬
寒冷地が原産国の犬種でも小型犬は体が小さい分、体積に対して表面積が広いので熱を放出しやすく、体温を保ちにくい。
足が短く地面から体が近いので、雪の冷たさが感じやすい。
室内飼育犬
室内で快適な環境で過ごしていると、寒さに強い犬種でも寒さへの耐性が弱まっていく。
シングルコートの犬種
シングルコートの犬種は室内飼育する愛玩犬として改良された犬種であり、アンダーコートをほとんど持たないので寒さに弱い。
トイプードルのようにふわふわした毛を持つ犬は暖かそうに見えるが、密度が薄く見た目に反して寒さが体に堪える。
スムースコートの犬種
光沢のある滑らかなスムースコートの犬種は、つるつると短い毛なので寒さに弱い。
病中、病後等の体調不良時
体長が悪い時はもちろん、回復したても心配がある場合は散歩に行かない方が良い。

個体差がありますが、上記で上げられたような犬は、雪が好きだったとしても寒さには弱い犬です。散歩に行きたがる場合は、しっかり防寒対策をして出かけましょう。
冬になると普段から暖かいところにばかりいたりハウスから出ようとしなかったり、散歩に行くのが嫌そうであれば散歩は諦めた方が良いかもしれません。特に、体が弱い老犬や幼犬は無理をさせないようにしましょう。
散歩ができないと運動不足やストレスにもなるので、家の中でたくさん遊んで体を動かしてあげましょう。室内ドッグランがある施設に行くのもおすすめです。
秋田にあるドッグランの一覧はこちら

最近の犬は寒さに弱い?
昔は、ペットの犬と言えば、柴犬の様な雑種で外飼いするのが当たり前でした。最近では、小型犬を飼う人が増え、室内で大切に育てられていますよね。大型犬でも家の中で飼うのは一般的です。
そのため、原産国が雪国で本来は寒さに強い犬種でも寒さへの耐性が弱まってきています。
例えば、小さい犬の中でも実はコーギー。イギリスのウェールズ地方が原産の牧羊犬で、ダブルコートを持つ比較的寒さに強い犬でしたが、今では室内で暮らしているため、寒さが苦手になってしまっている個体が多いようです。
室内飼いをするようになって犬の寿命は延び、室内飼いが悪いというわけではありません。ペットとしてかわいがる犬であれば、室内で快適な暮らしを送らせてあげた方が幸せでしょう。
うちの犬は雪国出身だから寒さもへっちゃら!と単純に考えず、防寒対策をして散歩や外遊びをしてあげましょう。

冬の犬の散歩準備

雪が好き、寒さに強いという犬でも、防寒対策は必要です。冬でも愛犬と楽しく散歩をするにはどのような準備が必要かチェックしましょう。

服を着せる
暴風、防寒、保温のために服を着せる。
レインウェアのように撥水性の服がおすすめ。
雪の上を歩くと長くてやわらかい毛について毛玉になってしまうので、犬の種類や散歩する場所によっては足カバーやスヌード、全身をカバーする服を着た方が良い。
暖かいように重ね着をする場合、動きやすい服を選ぶ。
靴を履かせる
雪遊びでは、雪の下に埋まっていた枝や氷で怪我をしたり、しもやけになったりと肉球のトラブルが多い。
雪用の滑りにくい靴やブーツを履かせると良い。
犬の靴や靴下を履くメリットやデメリットは?サイズの測り方や履いてもらうコツも解説

雪玉に要注意
特に長毛の犬や毛が柔らかい犬は、雪の中を歩くと雪玉がつくと体温等で雪がとけ、そこに更に雪がついて雪玉になってしまいます。雪玉がつくと歩きにくくなるのはもちろん、寒さに強い犬でも体温が奪われ、しもやけや凍傷を起こす可能性もあります。
できれば犬の全身を覆うカバースーツやレインウェア等を着せて、毛玉がつかないような対策をするのがおすすめです。
雪玉がついてしまったら、散歩後に必ずしっかりとってドライヤーで毛を乾かしてあげましょう。

寒さに徐々に慣れさせる

暖かい部屋から突然寒い外に出ると、外気の冷たさで気管支を痛めてしまう可能性があります。外に出す前に、廊下や風除室に出したり、扉を少し開けて外気を入れたり、愛犬を徐々に寒さに慣らしてから外に出ましょう。

雪の上を歩いた後のケア

雪の中を散歩した後は足や体が冷えています。雪玉がついたり肉球を痛めていたりすることもあるので、散歩後はしっかり愛犬の体を確認して必要なケアをしてあげましょう。

毛を乾かす
お腹や脇等、遊んでいて気付かないところに雪玉がついていることもあるので、よく確認して全部とる。
タオルでしっかりと水分をふき取ってドライヤーで良く乾かし、ブラッシングをして毛並みを整える。
肉球のケア
しもやけやひび割れを起こしていることがあるので良くみてあげる。
ドライヤーや暖かいお湯につける等して温め、乾かした後に犬が舐めても大丈夫な成分の保湿クリームを塗ると良い。
しもやけを気づかずに放っておくと、痒さと痛みで愛犬が自分でなめてしまって患部が炎症を起こす可能性もあるので要注意。

しもやけ程度ならならまだしも、凍傷になっている場合もあるので、肉球やお腹等の毛で隠れて良く見えないところもしっかりチェックしてください。もし水膨れや炎症等になっていたら動物病院へ行きましょう。

まとめ

たいていの犬は雪が大好きで、雪の散歩はテンションが上がっていつも以上に活発になることもあります。愛犬が雪ではしゃぐ姿を見るのは飼い主としても嬉しいですよね。寒さに弱い犬は無理をせずに室内で運動させてあげましょう。
寒さに強い犬で防寒対策をしても、あまりにも寒い時は散歩を控えてください。特に、室内で飼っている犬は無理な散歩をせず、天気の良い日中に散歩に連れて行くのがすすめです。
愛犬が寒さへの耐性を考えて、しっかり対策とケアをして冬も楽しい散歩をしましょう。