自分たちに合った動物病院を見つけたい!動物病院の選び方

ペット記事

自分たちに合った動物病院を見つけたい!動物病院の選び方

診療される犬

秋田県にもたくさんの動物病院があり、初めてペット飼う人はどこの病院へかかろうか迷ってしまいますよね。動物も人と同じように、かかりつけの動物病院を決めておくのは大切なことです。特に、犬や猫は予防接種等病院にかからなければならないことが多いもの。良い病院を見つけたいですね。そこで、今回は動物病院を選ぶ基準をまとめました。

動物病院の情報収集

まず大切なのは、動物病院の情報収集です。どこにどんな病院があるのか調べましょう。
ペットを購入したペットショップやブリーダーでおすすめの病院やかかりつけ医を聞くことができると思います。また、知り合いでペットを飼っている人がいたら是非聞いてみましょう。病院の対応について最もリアルな情報が得られます。予約の有無までわかると初めての動物病院でも訪れやすいですね。

近所の動物病院は抑えておこう! かかりつけの動物病院を決めるにあたって、自宅から通いやすいのも動物病院を選ぶのもポイントです。近所の動物病院の評判を探ってみましょう。ネットはもちろん、リアルでの情報も大切です。
近所を散歩している犬の飼い主さんと交流を持つのも良いですね。犬の散歩ネットワークは信憑性のないうわさ話から誰それさんちの○○ちゃんがあの病院でこうでああで~と細かなことまで、色々な話が聞けるでしょう。

犬猫以外のペットの場合は? 診療されているうさぎ 小鳥や小動物は専門的に見てくれる病院が少なく、取り扱いの有無から調べる必要があります。小鳥や小動物は予防接種もなく、普段から病院にかかることはあまりないと思いますが、診療できる病院を知っているといざというときに焦らずに済みそうです。病院を知らない場合、緊急時でも先に電話をしてから訪れることをおすすめします。

一般的に良い動物病院とは

受付や電話対応が良い
受付や電話口でもいい加減な対応をされない。
ペットにも話しかけてくれるなど雰囲気が良い。
院内が清潔に保たれている
病院は病気や怪我を治療するために来るところ、院内が不清潔では別の病気に感染しかねない。
治療方法をしっかり説明してくれる
今どんな状態で、どんな治療をして、どうなるのかを分かりやすく説明してくれると安心。
検査や薬、家ではどうしていたらいいか等の説明がある。
不安や疑問にしっかり答えて説明してくれる
質問したことを素人でもわかりやすく答えてくれる。
不安なところを伝えても、見もせずにマニュアル的な回答をする。(例:それは犬にはよくあることです、以上)
飼育の相談に乗ってくれる
ペットと暮らしていて悩んでいることの相談に乗ってくれる。
飼育やしつけのアドバイスをくれる。
診療料金について説明をしてくれる
医療費の明細書や見積もりを出してくれる。
何にどれだけかかるのか、何故それだけかかるのか説明がある。
救急や診療時間外の対応をしてくれる
夜間や祝日等、診療時間外の対応をしてくれる病院であれば安心できる。
緊急電話番号があるのが望ましい。
セカンドオピニオン、紹介・転院に応じてくれる
病院でわからないことがあれば別の病院を紹介してくれる。
セカンドオピニオンを嫌がらない。

普段から診療を受けることが大事
動物病院を調べると、ここに行こうと思う病院がいくつか見つかると思います。犬猫であればたいていは最初に動物病院へ行くのが予防接種でしょう。予防接種だけでは病院の力量はわからないかもしれませんが、先生の感じや病院の雰囲気がわかりますよね。最初にかかるのが重大な病気になる前に、気になる病院を訪れると良いでしょう。
犬猫は、毎月・毎年の予防接種やフィラリア予防等、普段から病院にかかる人が一般的です。しかし、国で定められた狂犬病以外は任意のため、それらを怠る人もいます。むしろ、年寄りや体の弱い子はやらない方が良いともいわれ、若いうちでも体調を崩して最悪の事態になるということも稀にあるようです。予防接種やフィラリア予防に対する考え方は様々だと思いますが、普段から病院にかかり、様子を見てもらうという意味でもそれらは大切なのではないでしょうか。

動物病院とペットとの相性も大切

評判がいいということも大切ですが、自分や自分のペットに合った動物病院を選ぶことも必要です。

自分にとって話しやすい先生か ペットは自分の症状を言葉で伝えられません。人間同士の話が円滑にできないと間違った診断をされてしまう可能性もあります。最悪、取り返しのつかないことになる場合も…有名獣医だろうと、判断を誤れば意味がありません。
ペットの命を守るためにも、人間同士のコミュニケーションは重要です。

ペットが嫌がっていないか 最初は知らないところで知らない人に触られて嫌がるのは当然ですが、その嫌がりようが何かおかしいようであれば、先生との相性が悪いのかもしれません。人間でも苦手な人はいますよね。性別・年齢・容姿・声・喋り方等様々な要素でフィーリングが合わない場合もあるでしょう。そういった場合、今後、スムーズに病院に連れていくためにも、行く病院を考え直した方が良いかもしれません。

料金に納得できるか ペットの診療は、人間のように保険負担はありません。犬猫のペット保険はありますが、ペットの診療に国で決めた点数・料金というのはありません。動物病院の裁量で決められます。予防接種やフィラリアの薬など同じものでも病院によってはけっこう料金が異なることがあります。毎月・毎年かかるものなので、なるべく負担が少ない方が良いですが、かかりつけ医となると料金だけでは判断しない方が良いかもしれません。料金にはそれなりの理由があります。例えば、先端医療を学び、導入していくためにはお金がかかり、その分普段の診療にも料金で負担がかかりますが、いざというときに助かるでしょう。
どんな病院でどんな治療を望むのか、しゃべることができないペットに変わって飼い主のあなたが判断しなければなりません。

セカンドオピニオン
動物病院はかかってみて初めてわかることがあります。予防接種は安くて問題なさそうな病院だったのに、病気にかかった時の対応に疑問を感じたということもあるでしょう。
症状を伝えることができない動物たちは、誤診によって最悪死に至る場合も…もし、診療に不安だと思うところがあれば、別の病院にかかることをお勧めします。セカンドオピニオンは悪いことではありません。獣医としての腕はもちろん、動物との相性もあります。ペットのことを一番に考えて行動しましょう。

 

病院の得意・不得意
動物病院の先生とはいえ、得意なこと苦手なことはあります。犬猫を扱う病院でも実は犬は苦手ということもあるようです。問えば、犬の散歩ネットワークでは評判があまり良くない病院があったのですが、猫を飼っている人に話を聞くと、大変良い先生で愛猫がとてもお世話になったということも!その先生は愛猫家では評判の良い先生だったようです。
動物の種類によって体のつくりやその他諸々、全く違います。同じ種類でも個体差もあるため、それら全てが得意な万能な獣医はいません。病院選びも容易なことではないかもしれませんが、火曜病院は自分で判断し、大切な家族の一員であるペットに最善の医療を受けさせてあげたいものですね。

病院選びは結局…

診療されている猫 一般的な良い動物病院は雰囲気が良くて清潔で人柄もいいところですよね。ですが、動物病院の中でもぶっきらぼうでもいい腕の先生はいます。営業スマイルは苦手、やることだけしっかりやってくれればいいと考える人も中にはいるでしょう。人(ペット)とのコミュニケーションはフィーリングも大切です。結局は自分がペットのために最善と判断した病院に通うのが一番ですね。
ペットの健康はあなたの手にかかっています!今回の記事の内容を参考に、自分たちに合う病院を見つけてもらえれば幸いです。