動物病院が嫌いな愛犬を連れていくには?動物病院嫌いを克服する方法

ペット記事

動物病院が嫌いな愛犬を連れていくには?動物病院嫌いを克服する方法

歩くのを嫌がる犬

愛犬の様子がおかしいなと思ったら、病院へ連れて行こうと思いますよね。ところが、動物病院が嫌いな子の場合、連れていくのが大変!狂犬病予防はもちろん、フィラリア予防等、普段から病院に行く必要も多く、愛犬のためにも病院へスムーズに行けるといいですよね。そこで、今回は動物病院嫌いを克服する方法を紹介します。

犬が動物病院を嫌いになる理由

どうして愛犬が動物病院を嫌いになってしまったのか?犬が動物病院を嫌いになるには理由があります。その理由を知れば思い当たる節があるかもしれません。理由を知って愛犬の気持ちを理解しましょう。

臆病な子が多いから 人間も含め、ほとんどの動物は臆病です。臆病だからこそ周りをよく警戒することで生き伸びてきました。臆病なのは動物の本能ですね。犬も初めて行くところ知らないところにはびくびくしてしまいます。
知らない動物がたくさんいて、いつもと違う臭いがして、知らない部屋で変な台に載せられ、知らない人に触られ抱っこされるということは、犬にとってストレスになります。

嫌な思い、怖い思いをしたことを覚えているから 注射をされている犬人間も同じですが、嫌なことがあった場所にはいいイメージを持たないですよね。あまりにも嫌なことがあった場所はトラウマになり、近づくと吐き気がしたり冷や汗をかいたりすることもあるでしょう。初めて病院に行くのはたいてい予防接種の注射だと思うので、早速、針を刺されて痛いという嫌な思い出ができてしまうわけです。とはいえ、注射をしないわけにはいかないので厄介ですね。

病院嫌いの克服方法

一度病院嫌いになってしまった子の病院嫌いの克服はすぐにできるわけではありません。少しずつ慣れさせていくのが大切です。何度も繰り返し、病院へのイメージを良いものに変えていく必要があります。

病院へ行く準備や動作を気づかれないようにする 病院へ行くときに準備するものや行動がありますよね。診察券やリードを用意して車のエンジンをかける等、病院へ行くための準備や行動で犬はこれから病院へ行くんだと気づいてしまいます。なので、まるで散歩に行くだけかのようにふるまったり、出かけることを気づかせないようにしたりすると愛犬に余計な不安を抱かせずに済みます。

飼い主が動じない態度をとる 病院ではまず飼い主が堂々とした態度でいましょう。飼い主の不安や恐怖が愛犬にも移ります。悪い部分がなく、予防接種等であれば飼い主も心配する必要がないですよね。愛犬の具合が悪いときには、心配する気持ちはわかりますが、あまりハラハラせず、できるだけ動じない態度をとりましょう。

病院で愛犬を褒める 獣医と飼い主が犬を褒めている様子まず病院に入ったら褒める、診察室に入ったら褒める、診察台に乗ったら褒める、注射をしたら褒める等、何かするたびに愛犬を褒めてあげましょう。犬にとって飼い主に褒められることはとても嬉しいことです。ご褒美をあげるのも良いでしょう。病院に行ったら褒めてもらえる、ご褒美までもらえる、と愛犬が気づいたら病院に行っても悪いことだけではないと覚えてもらえます。
たいていの動物病院の先生は注射ができたら褒めてくれと思います。動物愛にあふれた先生だと飼い主も安心ですね。

日常的に病院へ行く 注射等の痛いことをしなくとも病院にかかることはあると思います。フィラリア予防の薬をもらったり、健康診断をしてもらったりとできるだけ多く病院に連れていくと良いでしょう。痛くない病院もあるんだと分かってもらうことで何かあった時にも病院へ連れていきやすくなります。
ただ、病院へかかるにもお金がかかり、健康診断と言っても週に何回も行くものではありませんよね。行く用事がない場合は、散歩コースとして取り入れてみると良いでしょう。車に乗せて病院へ行く場合は、車にも慣れてもらうために病院の前を通ってドライブするというのも良いですね。普段から良く行く場所にすることで、愛犬の警戒心を解いてあげましょう。

秋田にある動物病院の一覧はこちら

子犬の頃から慣れさせる 病院を怖いところだと知らない子犬の内に病院に慣れさせることが重要です。最初の予防接種はどうしても避けられないものですが、たくさん褒めてご褒美をあげて、病院の印象を良くしてあげましょう。フィラリアの薬をもらう等愛犬がいなくてもできることがあっても、愛犬と一緒に病院へいき、幼いうちから痛くない病院の経験を積むことも大切です。 しつけ教室や相談会等をやっている病院もあるので、そういった催しには積極的に参加すると良いでしょう。

病院ではとっておきのご褒美を
愛犬には特に大好きなご褒美や、普段はあまりもらえない特別なご褒美等があると思います。病院の待合室に行ったときや痛い治療をした時など、ここぞというときにとっておきのご褒美をあげてみましょう!犬はけっこう単純なもので、大好きなご褒美にはころっと態度を変えることもあります。それがまたかわいらしく、ご褒美をあげるのも飼い主の楽しみにもなりますね。ただし、ご褒美をあげているときは機嫌がいいからと言って、ご褒美のあげすぎには気を付けてましょう。

気長に動物病院嫌いを克服・改善

診療代の上にゴールデンレトリーバーがいる様子一長一短の努力や工夫で簡単に動物病院の苦手を克服することはできません。しつけと同じで、何度も繰り返し行うことが大切です。中には、恐怖のあまり食欲を失ってしまうほど臆病な子もいます。食欲がなくなるほどの恐怖を感じさせるのは愛犬がかわいそうですよね。愛犬に安心して病院に通ってもらうためにも病院に慣れてもらう工夫をし続けましょう。
年を取ると大きな恐怖状態や興奮は命にかかわることもあります。また、いざというときにはスムーズに病院へ連れていくことが重要です。老犬になる前に、小さいうちから病院への抵抗をだんだんと改善していきましょう。

秋田にある動物病院の一覧はこちら